クレンジング剤を選ぶためのランキング活用|敏感肌に最適の逸品を

保湿する女性

簡単な方法が効果がある

笑顔の女性

基本は与える事ではない

敏感肌とは乾燥によって肌の角質層のバリア機能が低下し肌本来の機能が果たせなくなる肌の事です。ストレスや体調の変化、外部の刺激などに反応します。かゆみや赤みが出たりぴりぴりとした痛みを感じる事もあります。吹き出物の原因になる事も多々あります。敏感肌になるとお手入れも大変です。化粧水がしみたりクリームでかゆくなったりと合う化粧品探しも難しいです。とは言え放っておいても良くなりません。皮膚科に行ったりスキンケアの見直しが必要です。敏感肌は乾燥肌である事がほとんどです。つまり肌が潤っていれば敏感肌も解消出来ます。スキンケアというと与える事を思い浮かべがちです。しかしスキンケアの基本は洗顔にあります。手のひらが直接肌に触れないくらいのたっぷりの泡で優しく洗います。すすぎも丁寧に行います。寒い季節でも熱めのお湯で洗うのは厳禁です。極度の敏感肌は乾燥も進んでいますので洗顔料をつけず水のみで洗うくらいで丁度良いかもしれません。

洗い過ぎが乾燥の元だ

一日の皮脂汚れやメイクの汚れを落とそうとするあまり洗顔をし過ぎている人が少なくありません。クレンジングの後も洗顔料で洗ってしまうと必要な皮脂まで洗い流してしまいます。そしてきれいになろうとスキンケアで様々なアイテムを使います。この流れが肌本来の力を奪っている可能性があります。一日二回の洗顔のうち一回でも水やぬるま湯で洗顔すると良いでしょう。化粧をする事を考えると朝が適しています。化粧は水やぬるま湯では落ちないからです。肌のターンオーバーの乱れが整ったり角質層が正常な状態に戻る事が期待出来ます。洗顔後のふき取りもタオルで優しく押さえるようにふき取りましょう。時間や手間がかかるわけでもなく高い化粧品を買う必要もありません。手軽な洗顔方法で敏感肌が改善されるのですから是非試すべきです。